今日は従業員の知り合いで、現地の人を雇い香港へビジネス展開を成功させたYさんのお話しです。

会社を経営しているのですが、最近、香港方面へのビジネスの拡大を行ったのですが、この際現地の文化や風習に詳しい人を探していたのです。

香港の街並み
イメージ

当社は従業員が20名くらいの中小企業です。
取り扱っている主な商品は日本で生産している衣類なのですが、ビジネスエキスポに参加してあるアジアの国の人と仲良くなったのです。
その際に当社のビジネス拡大のチャンスと考え、香港地域にビジネス展開を行おうと会議で決めたのです。
ただ、現地の慣習に詳しい人材がいなかったのですが、たまたま幸いなことに、従業員の中に香港地域に詳しい家族の知り合いが現地にいたのです。

全然知らない現地の人を雇うより、知り合いを雇うということはビジネスを行っていくうえで信用があって便利です。そのため躊躇なくその従業員の知り合いを雇ったのですが、嬉しいことに本当に当社にとって利益をもたらしてくれました。
当社が扱っている商品が嘘のように香港で売れ始めたのです。

そして、我々はその従業員からいろいろな香港のビジネス慣習などを教えてもらいました。今では当社にとって欠かせないかけがえのない存在となっています。
給与については我が社の従業員と同じかそれ以上ですが、商品の売り上げによってインセンティブでボーナスを支給しています。

その外国人を雇ったことで本当に当社の利益が上がりましたし、今後も利益の拡大が見込めそうです。
また当社も規模を多くできそうなくらいまで利益が出てきましたので、増資なども考えています。
更に、そこから新しい人脈などもでき、本当に外国人を雇ってよかったと思っています。

Yさん、ありがとうございます。見知らぬ地域で従業員の知り合いの方が入ってくれるこは、信用ももちろんですが、遠い国だからこそ、心の安心にもきっと多大な貢献をしてますよね。
今回は日本国内で外国人を雇う話ではなく、現地外国人を雇って成功したという貴重なお話しでした。
どうもありがとうございました。

起業の悩みなら迷わずご相談を