トップダウンの日系とボトムアップの外資

今日は男性Cさんよりカナダでの日系企業と地元企業の違いを教えてくれました。
日本での日系企業と外資系がそのままカナダに移った感じなのでしょうか???

私はカナダ在住10年で日系の会社とカナダの地元の企業で働いた経験があります。

まず日系のロジスティックスの会社(日本通運ですが)カナダに来てまで体育会系でびっくりしました。
出向社員の方は午前10-午後10時はあたりまえ、週末出勤も珍しくありませんでした。
またよく部長クラスの部屋から怒鳴り声などが聞こえてきたのは今でも覚えています。

世界のビジネスマン
イメージ

個人的にこれが悪い言っているわけではないのです。
ただ単純にトップダウンなんだと思います。
また有給も前日取れないのは当たりでした。
カナダにあるのにまるで日本の会社のようでした。

次にカナダの会社での経験ですが、一言で言えば働いているのではなく少し遊んでいる感覚がありました。

例えば誕生日パーティーが会社であったり、夏にはBBQをみんなでしたり、私の上司はチャリティーイベントによく出かけてました。
(これも会社の戦略なんでしょうが・・・)
さらに11月にはハロウィンパーティなどが会社であり一等賞には半日有給券などが配られていました。
(本当に事実の話です、カナダのトロントの会社ですが実際の会社です)

さらに更に日系と違うのこれだけではありません。
有給全日取得はあたりまえでその年に使えなっかった有給はケースによっては次の年に繰り越せるなど利点が多かったです。

そして日系との最大の違いは部下と上司の関係です。
日系は完全なトップダウンなんで逆らえない状況ですが、カナダの会社の方は上司にでも個人の名前を呼び捨てにする文化ですので、個人的にかなり言いたいことをいえる空気が職場にある事が一番良かったです。

一回でも外資で働いてしまうともう日系には戻れません。

Cさん、ありがとうございました。
外資系の自由な雰囲気は日本人にとっては羨ましい限りです。日系企業も悪くはないと思いますが、勤勉さゆえ、上下関係が厳しく、勤務時間が長い上に休みも取りづらいのは、どこの国にあっても同じなのかもしれないですね。

もし、日本で会社を作りたいとお考えの方は、外資と日系の良い所を上手く組み合わせて起業すると上手くいくかもしれませんよ。

起業のご相談は・・・