東京で就労VISAの申請をお考えなら樋口行政書士法務事務所にお電話下さい。中国人の女性が担当いたします。
2017-11-06

起業と出産、子育てを同時進行。山あり谷ありだけどなんとか5年目を迎えました。

子育て

起業と出産、子育てを同時進行。山あり谷ありだけどなんとか5年目を迎えました。

今日は、ゲストハウスで起業した女性Mさんからです。出産、育児と忙しい日々を過ごしながらも同時にゲストハウスで起業して5年目の歳月を乗り越えました。素直に、素晴らしい!!と拍手です。


二人目の子どもを妊娠した時に合わせて起業に踏み切りました。
仕事の内容は女性専用のゲストハウスの運営です。

建物は父の家をリフォームしてゲストハウスにしました。リフォームや初期費用には1000万円を費やし、経費削減のため、内装の塗装など自分で出来る所は父親に協力してもらいながら改装しました。

元々父の家なので、それなりに築年数を経ていたため、耐震やゲストハウス用にする為に消防法に引っかからない様にするのにお金がかかってしまいました。

その後も、色々な人に協力してもらい、着々と準備を進めていきました。

出産で少しの期間はストップしてしまいましたが、ホームページの作成等を行いながら準備しました。子どもが産まれてから育児と共に念願のゲストハウスの運営を始めました。出産もそうだけど、長年の夢だった起業も本当に感極まります。

ただ、さすがに育児と起業の両立は大変です。ゲストハウスの掃除をしたり、チェックインやチェックアウト、お客様の対応をしたり。でも、お手伝いしてくれた友人や父など、皆さんのおかげで問題なくスムーズに進めていく事ができました。

また、女性だけをターゲットにしていますので、お客様の中には我が子を可愛がってくれる方もいました。嬉しいことにお客様と一緒に夕飯を食べたり、出掛けたりする事もありました。

それから、当ゲストハウスのお客様は外国人をターゲットにしているので、英会話の勉強になりました。本当に嬉しい限りです。

もう、毎日が緊張の毎日で、ほぼ毎日満床の月もあれば、閑古鳥が鳴く日もあります。団体のお客様が入りそうな時に限って、消防の検査と被ったりして慌てる事もありました。また、団体のお客様がかぶってしまい、ベットが足りなくなる事もありました。

本当に、紆余曲折、山あり谷あり、成功、失敗も含め、色々な経験を積みながら今年で5年目になります。これからも前を向いて、まい進していきます。


Mさん、ありがとうございました。
起業を考えている人は沢山いると思いますが、実際に起業する人はそうはいません。

特に女性は出産、育児と同時進行となると想像以上に大変かと思います。
私もそうですが起業後はあらゆる問題が生じ、スムーズにいかないことも多々あります。

でも、夢をかなえたmさんは素敵です。既に5年目で経営者としても立派になられていますので、これから起業したいと考えている女性の目標になってください。

就労ビザお問い合わせ 受付中!

就労VISA申請のお問い合わせはこちらから
メールでのお問い合わせはこちらから
電話受付時間 : 平日 10:00~19:00 休業日 土日・祝日
メールでのお問い合わせは24時間受付ております

関連記事
VISAのことなら今すぐお電話を